カテゴリー別アーカイブ: いつもの

2014秋アニメ感想

※SSO2について最後にちょっとだけ、でも重大なネタバレをします。

正月休みでようやく秋アニメを消化できました。
1/2(25時まで)だけで30分アニメ(約24分)×20本=8時間とか、私は一体何をやっているのでしょう……。

でも、最後に消化したSAO2の素晴らしいことといったら!
ずっと下位の方で燻っていたSAO2とFateが一気に上位2作品となりました。
しっかし、やっぱり重いものは後回しになってしまうなぁ。
寄生獣は結局観るまでいかなかったし。
というわけで、2014秋アニメの<個人的な>順位です。

1st  ソードアート・オンラインII
→観終わったのが最後というのもあるけど、凄く良かった。
原作小説を読んでいるので筋は知っていたけど、
そんなの関係なかった。
1期より気合いの入った映像と、梶浦由記さんの音楽、
それから絶剣の悠木碧さんとアスナの戸松遥さんの演技が
見事にはまっていました。
自分から泣きにいったのもあるけど、あれは涙腺崩壊ものだった。
マザーズロザリオはSSOの中でも最高のエピソードだと思う。
反面、GGOは大したことなかった。
14.5話以降を観ずに今日まで溜め込んでたのも、
そのせいだったし。
アリシゼーションはどうなるんだろうなぁ……。

2nd  Fate/stay night [Unlimited Blade Works]
→原作のゲームをプレイしていたけど、結構筋を忘れていた、
というか別ルートの話がごっちゃになって訳が分からなく
なっていました。
まだ、ようやくプロローグが終わったという話の進まなさ
具合ではあるけど、その分丁寧に作ってくれているのが
分かります。
そりゃ、このクオリティで2クール連続は無理だわなぁ……。
話数は12話だけど、1,2,12話が1時間(約48分)だから、
実質15話。
ufotableとその下請けの方々には頭が下がります。
SHIROBAKOを観て余計そう思う。

3rd  ログ・ホライズン(2期)(継続中)
→制作が1期のサテライトからスタジオディーンに変わったことに
より、作画は悪化したけど、内容の面白さは変わらず。
一時はSAOよりこっちの方が面白いと思っていたけど、
今回は観終わりのタイミング的にこちらが下になりました。

4th  SHIROBAKO(継続中)
→流石のP.A.works。グラスリップは観るのを止めてしまったけど、
こちらは素晴らしい。
アニメ業界について、少しだけ理解できました。
ただ、これだけは断言できる。あんなに美人ばかりのスタッフが
揃ったアニメ制作会社は存在しない!

5th  Hi☆sCoool!セハガール
→秋アニメ最大のダークホースだった。
菅原そうた監督作品ということで、元々gdgd的な期待はしていた
が、まさかここまで笑えると思わなかった。
SEGAハードは持ったことなかったけど、ある程度知ってるゲーム
ばかりだったので、ネタ的に問題なし。
エンディングのSEGA社歌がなにげに好きだった。

6th  甘城ブリリアントパーク
→相変わらず、京アニは安定感が抜群だなぁ。
これといって名シーンとかは思いつかないけど、全てに於いて
高いレベルで安定していた。

7th  ヤマノススメセカンドシーズン
→秋アニメは癒やし系が壊滅的だったので、とても貴重な存在
だった。
とはいえ、キャラの可愛さとしっかりしたストーリーあっての評価
である。

8th  ダイヤのA(継続中)
→高いレベルで安定して面白いけど、長く続きすぎて、
瞬間的に高い評価になりにくい。
面白いよ。それは間違いない。

9th  デンキ街の本屋さん
→これもダークホースだった。
いろいろとえろえろだったけど、そこが良い!

10th 繰繰れ!コックリさん
→作画解放時のこひなの可愛さが!
小野Dのいろんな叫び声が聴けて楽しいです。

11th 天体のメソッド
→正直、「なるほどわからん」と言いたくなる部分もあったけど、
作画は安定していたし雰囲気も良かった。
とりあえず、ノエル可愛すぎwww

12th 結城友奈は勇者である
→ハートフルボッコアニメ。
まどマギを意識しているのが見え見え、というか
「見せてんのよ!」って感じだった。
終盤の超絶鬱展開をどう収めるのかと思いながら最終回を
観たらちょっと興ざめだった。
綺麗な終わり方だとは思うけど、最後の最後にただのご都合に
思えた。
全体的に絵も良くて、終盤かなり泣かされたので残念だったけど、
世界の設定が設定だけにあれ以上の収め方はできなかったの
だろう。

13th オオカミ少女と黒王子
→貴重な伊藤かな恵分摂取アニメ。
あんなに早くくっつくとは思わなかった。
途中から慌てる佐田くんを愛でるアニメになっていた。

14th 異能バトルは日常系のなかで
→キルラキルのTRIGGER制作ということもあって、作画というか
動きは素晴らしかった。
中盤まではかなり上位の評価だったが、終盤訳が分からなく
なって、ただのラノベ販促アニメと化していた。
主人公が中二設定ってだけで、そろそろ切って良いかも
しれないな。

15th 七つの大罪(継続中)
→王道ファンタジー。
面白い。でも王道。

16th ガールフレンド(仮)
→貴重な貴重な日常空気系分摂取アニメ。
ソシャゲ原作は基本的に観ないスタンスなので、
他にきらら系とかがあったら観てなかったかも。
でも、最終的には結構和めて良かった。
なんだかんだ、SILVER LINK.も安定してるな。

17th 俺、ツインテールになります。
→きょうび、ここまで作画崩壊するアニメがあると思わなかった。
話自体は面白いので凄く残念。
最後の2話分は作画も良かった。

18th 弱虫ペダル GRANDE ROAD(継続中)
→面白い話とそうじゃないときの差が大きすぎる。

19th フランチェスカ
→北海道発の地域PRアニメの割には、まあまあ面白かった。

20th こんな私たちがなりゆきでヒロインになった結果www
→同じ菅原そうた監督作品の中でも、セハガールと違って
酷い出来だった。
やっぱり、アドリブで笑いがとれる声優の存在は重要なのね。
明坂さんや西さんの実力の高さが実感できた。

というわけで、2015冬アニメにも期待します。
今度は艦これが楽しみ!
しかし、ディオメディア、今期4本も大丈夫か……。

—-以下、SSO2についてネタバレを含みます—-

続きを読む 2014秋アニメ感想